目の下のクマをファンデーションで隠すメイク術

目の下のクマをファンデーションで隠すメイク術

目の下のクマを上手に隠すための、ファンデーションテクニックについて考えてみましょう。

アイメイクによっても目の下のクマを目立たなくさせることもできます。
また、逆に目立たせてしまうメイクの失敗なども。

このように目の下のクマを上手に隠すメイク方法について考えてみましょう。

目の下のクマの種類とメイク

目の下のクマはできるだけ隠したいものです。
もちろんメイクでどうしようもないときには、医師の手を借りることもできますが、できるだけメイクでどうにかしたいもの。

しかし目の下のクマの種類によってメイク法も違ってきます。

どれも同じようにしてしまうと、逆に目立たせてしまうことも。そのため自分のクマの種類を自覚することが第一歩になります。
その上で、上手なメイクで隠す方法を考えてみましょう。

茶クマをメイクで隠す

茶クマは色素沈着タイプで、一番メイクで隠しやすいと言われています。
特に2つの方法があり、実際にやってみて自分に合うタイプの方法を選ぶようにしましょう。

コンシーラを使う

まずコンシーラを使う方法です。コンシーラはシミなどポイントに塗ってカバーするもの。

多くの場合コンシーラは2色なので、少し明るめのタイプにすると色素沈着をカバーしながら明るい色は、その部分をふっくら見せてくれます。
女性らしさがアップするので少し明るめにしていきましょう。

コンシーラは塗り込むというイメージよりは、ぽんぽんと軽く叩き付けるイメージで付けていきます。

その上からファンデーションを塗ってもOKですが、目の縁のクマの場合は、何重にも塗るという行為によって逆に色素沈着を起こしてしまうので、そこはコンシーラだけにしてその上からパウダーを軽く付けるようにしましょう。

コントロールカラーを使う

茶クマの部分にコントロールカラーを使うという方法もあります。
あまり濃い茶クマでないときには、クレンジングもコンシーラより楽なので、下地兼用のコントロールカラーをおすすめします。
カラーはグリーンが一番白くなるので、ついグリーンを使いたくなりますが、茶クマの場合は同系色のイエローがおすすめです。

グリーンを使うと浮き上がった感じになり不自然さが出てしまい、逆にそこに目が行きやすくなります。

それより同系色のイエローのコントロールカラーを使うと、自然に綺麗にカバーできます。

このときには顔全体のファンデーションも黄色みの強い肌色、つまりオークル系を使うと自然に馴染みます。

その上に薄くファンデーションやパウダーなどを使用しましょう。
薄化粧をしたい場合はパウダーファンデーションもOKです。

青クマをメイクで隠す

青クマは色としては青というよりグレーとブルーを合わせたような、あまり透明感のない色です。
そのため透明感を出すようなメイクを心掛けたいところです。

コンシーラを使う

コンシーラを使う場合は、コンシーラのカラーをピンク系にしましょう。
オークル系は逆に透明感を無くしてしまい、くすみを感じるようになります。

しかし顔全体がオークル系の方が似合う人もいるので、その場合はピンク系のコンシーラを隠したい部分だけ使い、オークル系の肌にあったファンデーションを他の部分に塗ります。

そして仕上げにオークル系のパウダーを使ってコンシーラを塗った部分にもしっかり付けておきましょう。それによって2色が上手に馴染みます。

コントロールカラーを使う

青クマが軽い場合はコントロールカラーのピンク系を使いましょう。
黄色系を使うと透明感がなくなり、逆に目立つ場合も。

またグリーン系はますます目立たせてしまうことになります。

そのためピンク系のものを使うと、綺麗に馴染みながらカバーしていくのでおすすめです。

この場合、顔全体にピンク系のコントロールカラーを薄く塗って、ファンデーションを塗っていきます。
実際にオークル系のファンデーションが似合う肌の人は、ファンデーションはオークル系でOKです。

パウダーハイライトを使う

仕上げに、目頭から鼻筋横を通って頬骨に向かってパウダーハイライトをサッと入れていきましょう。

特にピンク系のパウダーハイライトが青クマにはおすすめ。
ハイライトの光によってクマを目立たなくさせる、光による目の錯覚を利用した方法です。

黒クマをメイクで隠す

一番メイクで隠せないのが黒クマです。つまり涙袋の凹凸や、たるみによる凹凸なので、コンシーラを使っても逆に目立つばかり。

凹み部分だけを明るいコンシーラを入れて、大失敗した人もいるのではないでしょうか。

凹み部分は明るく、凸部分は暗めにするというのが基本的ですが、そのとおりやったらびっくりするほど黒クマが目立つことに。
そこで黒クマの場合はできるだけ保湿ケアをして、ガサガサ肌を改善し普通にメイクししょう。

そしてアイラインをしっかり入れ、まつげをしっかり強調し、目力の強いメイクを心掛けることをおすすめ。

特に黒クマの場合、疲れた顔や老けた顔に見えてしまいます。そこでしっかり元気を強調する目力を感じさせるメイクでイメージ操作をしていきましょう。

少々黒クマがあっても、それに負けないアイメークをして、そちらの印象を強くしていく方法が黒クマには一番おすすめです。

逆にナチュラルメイクは疲れたり老けたりしたイメージを与えてしまいます。

アイクリームなどでクマをケアしておくことも大切

目の下のクマはメイクで隠すこともできますが、アイクリームなどを使って普段からケアをしておくことが大切です。
最近ではアイキララやアヤナスなどのアイクリームが話題になっているため、そういったアイテムを利用することもおすすめ。

参考サイト⇒アイキララの効果をコスメコンシェルジュが本音でレビューします!

目の下のクマは見た目年齢も高く見られてしまうため、美のためにもしっかりケアしていきましょう!