飲む日焼け止めは病院やクリニックでも処方してもらえる?

飲む日焼け止めは病院やクリニックでも処方してもらえる?

さんまの「ほんまでっかTV」で紹介されてから、より急激に飲む日焼け止めサプリが注目されています。
そこで飲む日焼け止めサプリは病院などで処方されるのでしょうか。その辺をチェックしてみましょう。

処方はどこでもあり得ない

まず飲む日焼け止めサプリは薬ではありません。
サプリは補助食品の枠なので薬品ではなく、病院でも処方としては出されません。

ただし病院やクリニックで扱っているところは多く、サプリとして購入することはできます。
ただし日本製が出まわってきたのは極最近のこと。そのためまだクリニックなどで扱っているのは海外製のものがほとんどです。

海外製と日本製について

飲む日焼け止めサプリはどれも強力な抗酸化物質が含まれている物で、紫外線によって活性酸素が急増することを抑えるという方法ですが、従来そこまで肌細胞に大して強力な抗酸化物質がなかなかなかったことから、飲む日焼け止めサプリは注目されていませんでした。

しかしニュートロックスサンという成分の開発によって、飲む日焼け止めサプリが現実化したわけです。

欧米では先行して爆発な人気が起こっている状態です。そのときにはまだまだ日本では海外製を購入することでしか使うことができなかったため、並行輸入や海外直送品というようなものを購入する方法しかありませんでした。

このように購入の方法はとても不安なところがあり、正規品であるかという問題もあります。

例えばバイアグラも、病院では診断を行ってからしか購入することができず、個人ではネットや並行輸入しか手段がなく、正規品でないものを購入してしまった人も多いようです。

このようなことがないようには、やはりクリニックや病院などの購入がおすすめでした。
しかしこれは日本製も商品が出まわっていなかったときのお話。
日本製の質の良い商品がたくさん出まわっている今現在は、特に病院に行ってわざわざ海外製のものを購入することはないのです。

ニュートロックスサンってどういう成分?

飲む日焼け止めサプリの主役といってもいい、ニュートロックスサンという成分ですが、どのような成分なのでしょう。

例えば抗酸化作用の高い食品にはアサイーやカムカムなど、スーパーフルーツと言われているものもあります。
しかしそれでも日焼け止めサプリにはまだまだ効果が今一つでした。

しかしスペインのミギュエル大学のニコル博士とモンテローザ者との共同開発によって、地中海産のシトラスとローズマリーから抽出したポリフェノールの配合によるニュートロックスサンが開発されたのです。これは特に紫外線による肌に対して、高い効果を見せてくれる成分なのです。

シトラスもローズマリーも極一般的な植物ですが、南スペイン産の抗酸化作用の強いものを使用し、その配合率に秘密があったのです。
臨床試験では16歳~60歳の人を対象に85日間ニュートロックスサン投与によって紫外線保護作用は、なんと6割という驚異的な数値が出ました。

そして、このニュートロックスサンの開発によって、飲む日焼け止めサプリが実質上誕生したのです。これはこれからの日焼け止めの常識さえ、変えてしまうようなことになるのではないでしょうか。

日本製の素晴しさ

日本製の飲む日焼け止めサプリは天然成分にこだわっており、白人とは違った日本人の肌を知り尽くした日本のメーカーが作っているということ。
また品質など自分の目で選びやすく、そして医師の診断なしでも今は購入することができるのです。

今までは海外のものしか購入できませんでしたが、とうとう日本でも日本製の飲む日焼け止めサプリが購入できる時代を迎えたのです。
もうこれからは、安全、安心、日本人にあった飲む日焼け止めサプリを簡単に購入する時代の幕開けだということを知っておきましょう。